Buon Capo d'Anno! 20102010/01/01 17:39

寅年なので、トラ柄のLotus Elise

今年もよろしくお願いします。

今年の目標というか予定(クルマ関係only)
 ①AlfaRomeo R.Z.
  ・今年はアルファロメオ創立100周年なので、5月の「ALFA ROMEO DAY」に参加する。
  ・小補修(幌とトノカバーのダンパー)

 ②Lotus Elise SC
  ・マフラー交換(Larini Systems)等

 ③Honda LIFE
  ・車検
  ・メーターパネル(タコメーター付き)とステアリングの交換

AROC名古屋・新春ミーティング2010/01/17 17:08

1930 AlfaRomeo 6C1750 Gran Sport

トヨタ博物館の駐車場で開かれた、AROC名古屋・新春ミーティングにR.Z.で出掛けた。昨年のラグーナ蒲郡ほどではないが、寒かったので(団体割引で)博物館を見学。

充電中…2010/01/25 00:04

自宅で充電中のエリーゼのバッテリー

昨年末、エリーゼのバッテリーが上がってしまったが、R.Z.とブースターケーブルで繋いで始動させてからは、しばらくは大丈夫だった。しかし、またエンジン始動できなくなったので、エリーゼからバッテリーを外して充電。

エリーゼSC 4000km突破2010/01/27 23:25

エリーゼSCのオドメーター(通勤途中、信号待ちの間に撮影)
今朝の通勤途中にオドメーターが4,000kmを超えた。

「ferrari.com」に日本語版ができた。2010/01/31 22:46



Impress Car Watch」より

フェラーリ、自社サイト「Ferrari.com」の日本語版を開設
モンテゼーモロ会長やドメニカリ チーム代表が日本語で挨拶

 伊フェラーリS.p.A.は1月21日(現地時間)、同社のWebサイト「Ferrari.com」の日本語版を開設した。日本語版には、ルカ・ディ・モンテゼーモロ会長やアメデオ・フェリーサCEO、ステファノ・ドメニカリ スクーデリア・フェラーリ代表と、同社の従業員が日本語で歓迎の挨拶をする動画が用意されている。

 同サイトは2009年3月にリニューアルされ、英語版とイタリア語版が開設されていた。日本語版はリニューアル後初の言語の追加となる。同社は引き続き、中国語版を開設する準備をしている。

 Ferrari.comは、フェラーリオーナーやファンのためのサイトで、同社のロードカーとF1チームの情報が掲載されているほか、関連製品のオンラインショップ、コミュニティなどのコンテンツがある。22日現在、オンラインショップなどは英語のままのコンテンツも散見されるが、製品情報や、好みのモデルの色などをカスタマイズできるコンフィギュレーター、F1チーム情報、ニュースなどが日本語化されており、日本のフェラーリ・ファンも十分に楽しめる内容になっている。

 同社は2008年に日本法人のフェラーリ・ジャパンを開設。2009年にはフェラーリオーナー向けのドライビングスクール「コルソ・ピロタ・フェラーリ・ドライビングコース」を開催するなど、日本市場への関与を深めている。