Buenos Aires 8月10日(7)2010/08/26 19:24

プラネタリウムの案内と思われる看板が掲示してあった。ドームの右上にはなぜか薔薇のステッカーが。
プラネタリウムの案内看板(?)

そしてプラネタリウムを囲む柵の内側にはたくさんの猫が日向ぼっこをしていた。

猫が日向ぼっこ

プラネタリウムの入口前には1530kgの(多分)隕鉄が置かれ、自由に触れるようになっていた。
重量1.5トンの隕鉄(?)

プラネタリウム入口から180°回れ右をして振り向くと、日時計があった。下の銘板を見ると、「TAKUTARO YABASHI」というハポネスのプロフェッソールが作ったとのこと。後で調べると、岐阜天文台副理事長や愛知淑徳大学教授をつとめた矢橋徳太郎氏が考案した「矢橋式日時計」らしい。「TKUTARO」はスペルミスだね(笑)。
ブエノスアイレスに日本人製作の日時計が

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://scighera.asablo.jp/blog/2010/08/26/5308908/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。